2011.05.23 Monday 09:12

松風の食べ頃

ここ最近 頂き物のバームクーヘンを

毎日 少しずつ口にしております。

バームクーヘンも焼菓子ですが

焼菓子というのは 本当に不思議だな

と改めて感じています。

製造日は特定できませんが

バームクーヘンでいえば

手にしてから2〜3日後で、冷蔵庫でちょっと温度を下げて

生地は少し締まっているときが

一番 味わいが濃厚であるように感じます。

かの阿闍梨餅も、(お店的にはフル回転でしょうけど・・・)

ときどき 熱が少し残った状態で店頭にならんでますが

そのとき すぐに食べるよりも

次の日、少し温度の低いところにおいておいたものの方が

味わいは鋭く、美味しく感じます。(あくまで個人的感想です・・・。)

さて、では「松風」は いつが一番美味しい食べ頃なんでしょう・・・

常温でおいておくと 焼菓子の例に漏れず 

食感も風味も変化していきます

夏場は特に 白味噌の風味が豊かになると申しますか・・・

個人の好みの領域ですが

「松風」は 焼菓子の中でも特に個性的な変化をすると思います。

焼菓子って、ほんとに奥が深いので(特に松風!?)

それぞれの食べ頃タイミングを楽しんで下されば 嬉しく思います。


Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.mikito-matsukaze.com/trackback/49
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.