2011.05.28 Saturday 09:26

カニ

母は福井県越前の生まれです。

日本海側はなまりがきつい?のか

京都に移り早40うん年経った今でも

未だなまりがとれません。

京都弁で、あほやなぁ〜ということを

あやんてなと言い

おもしろいことは おもっしぇ〜 とつぶやき

ハエのことを はぇめ と言ったりします。

ハワイに行ったときのこと

ホテルの中庭に続く石段で危うく転びかけ、

見知らぬ外国人に腕をつかまれ助けられ

オーケー?と心配がられ

だんねぇ〜 (だいじょうぶ) と 福井弁で返事をする母。

うなずきながら満足気に立ち去る外国人

人と人とのコミュニケーションは

言葉が通じるかではなく

心が通ずるかなのねと実感したわたし・・・

そういえば、韓国ドラマにはまる理由のひとつに

イントネーションが福井弁に似てると言ってたっけ

たしかに似てます

いつか母は韓国語を喋りだすかもしれません。

県民ショーでやってましたが

福井の人はカニをいとも簡単にさばき (これ事実)

娘時代は3時のおやつだったとか・ (たぶん越前海岸沿いだけ・)

というわけで、その血をひくわたしも

カニは恐れることなくさばけます (おりゃーっ、とぉー)

2011052521160000.jpg

開けられる日を待ちわびるカニ缶 (え?缶詰め)

2011052521340000.jpg

こちらが本物。

グロテスクはんぱないです・・

冷凍でしたが おいしかった

セラミック包丁だと

折れておでこに刺さってる自分を想像したから

やっぱり出刃包丁ほしい

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.mikito-matsukaze.com/trackback/50
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.