2012.03.06 Tuesday 23:15

許容範囲とは!?

ブログUPが なかなかせずにおります・・・

デジカメは使える状態になったのですが・・・


昔から 「2・8は暇」と言われてますように

2月は お商売的には 閑散期です

私の工房はと申しますと 何かと実験やテストをしていて

籠って 商品やサービスを検討しておりました


その中で 改めて強く感じたことは

「モノづくり」の現場って 

ひとつの事を すべて自己責任のもとで 

マイペースに取り組める・・・(納期はもちろん守って)

こんな状況がベストだということです


例えば 大企業でなくても 複数人で

就業規則とか 一応決まっている組織で

「モノづくり」をすると

どれだけ研修や教育をしようと

必ず 個人によって「許容範囲」の差が出ます

「必ず」 といっても過言ではありません・・・


それと同時に 社員研修などとは別次元の

それぞれの個人が 元々備えている

モラル や コンプライアンス が影響します

これも 「必ず」 です・・・

例えば 

全体の仕上がりに間違いなく影響するけど

見た目は分からないような 

ミスや不具合が起こってしまっているとして

正直に報告して 残業して 終わるまで キッチリやる人

こういう人は 愛すべき人物像ですが

きっと正直者はバカをみることでしょう(笑)

このような場合の多くは

正確に報告されることなく 残業してやり直すこともなく

議論されることなく 納品して終わり という具合に 

過ぎ去っていってるのではないでしょうか・・・

中には 不具合が生じている事すら

認識できてないこともあるかもしれません


世間に出ているような不祥事は

これが積み重なりに重なって 噴き出た状態と言えます

社長やら役員やらが 会見で謝罪して 

「以後こういうことが起こらないよう・・・」 とか 言ってますけど

のど元過ぎれば 「熱く」なくなるので

問題を引き起こした「根本原因」を追究することなく

また風化していきます 

彼らは ニュースになっている「現場」を

全く「体感」もせず  「実践」しておりません

「体感」して 「実践・行動」できていれば

そもそも 世間に噴き出る程 大きな問題になる前に 

なんかしらの対処はできているはずです・・・


と偉そうに のたまう私は

自分の責任の取るべき範囲を

一生懸命やっている次第です・・・

半日かけてやった作業が ちょっと納得できず 

夜御飯を食べながら やり直すかどうかずっと悩み

比較のために 絵とか書いてみたりして 悩み続け

お風呂に入って やっぱり やり直すことにして

工房に戻って 

「おりゃっ!!」

と分解いたしました

初期状態に戻すと ムダにした資材もありますが

気分は 清々しいもんです ハイ・・・

さてさて 明日からやり直すことにします・・・


Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.mikito-matsukaze.com/trackback/91
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.